×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

谷山浩子コンサート
猫森集会

新宿ZEROホールにて
11月2日(2日目)Aプログラム

ゲスト/岡崎倫典・石井AQ 


二回目の谷山さんのコンサート。
・・・実は今回は全然気にしてなくて、いつあることかすらも知らなくて、(汗)
まっしー君がぎりぎりでチケットとってくれたんです。(HPで見て慌てた)
席は『Zー3.4』・・・後ろだわな、絶対。(−−;
まぁ、取れただけでも良かったということで話をしていたんですが、入ってみてビックリ。
・・・去年までは青山円形劇場でのコンサートで、もともとの造りが舞台が真ん中にあって、
客席がそれを囲む、という形だったんですが、今回は普通のホールを予想していたので、
入ってみて、
『は?なんじゃこりゃ?』
・・・まず思ったのがこれです。(笑)・・・四角い会場だったんですが、その周りに
椅子が並び、真ん中にピアノなどのステージが・・・。(汗)
うわぁ、四角いけど円形だよ〜(意味不明)
と、びっくり。会場を作ってしまっていたんですよ。舞台が真ん中にあるように。(^^;
なので、確かに一番後ろは後ろだったんですが、なかなか見やすい席で良かったです。
・・・かえって、なんか端の方の席の方だと、首を横に回していないと見えないので、
首が疲れますねぇ〜とMCで言ってました。(苦笑)
私は谷山さんの丁度ピアノの鍵盤が見える位置でちょっと嬉しかったり。(^^)

今回の曲目は、あんまり私は聴いたことがない曲も多くて、
なんか新しい気持ちで聴けました。
もちろん知ってる曲もありましたけど。
嬉しかったのは、『さよならのかわりに』
これ聴いてたら、なぜかミスティックが本気で描きたくなってきました。
・・・1だけど。(笑)
あとは『鳥は鳥に』これもすごく好きな曲ですね。
今回もシリーズで曲目が選択されていて、その中に『そんなことしたらまずいだろう』テーマ
で、というがあったんです。ちょっと期待してたのが、『仇』(笑)
これも結構う〜って言う曲だと思うんですが。違いましたけど。(^^;

MCでも、今回もいろいろお話がありましたが、その中で、谷山さん、
漫画家の川原由美子さんの『修羅場』に修羅場見たさに(笑)行った事があるそうなのですが、
まず、『修羅場』とは何か?男の人と、女の人がいるわけじゃないですよ!
と、会場の人たちに修羅場の説明をなさっていたんですが・・・。
・・・説明・・・いりません・・・毎回やってます。うちら。(汗)
みたいな。(爆笑)

今回は曲のリストを控えてこなかったので、書けないんですが(おい)
覚えてるのだと、
『電波塔の少年』『会いたくて』『鳥は鳥に』『さよならのかわりに』『地上の星座』
『てんぷら☆さんらいず』あとは〜・・・思いだせん。(汗)
去年と同じメンバーだったんですよね〜考えてみると。(ゲストが)
また、機会があれば行きたいです。

楽譜が買えたのも嬉しかったな〜。(^^)
探してたんだけど、なかなかなくて〜。(苦笑)
頑張って弾き語り〜・・・できるといいなぁ〜。(^^;

もどる