×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

魔道王グランゾート
1989(?)年TV放送


メインキャスト
遥 大地:松岡洋子/ガス:松田辰也/ラビ:安達 忍
V−メイ:鈴木れい子/グリグリ:林原めぐみ/グランゾート:大滝進矢

かれこれ、10年以上前に放送されたTVアニメです。
ワタル(第一期)の後番組として放送されてます。
原作は矢立肇さんと、広井王子さん、キャラクターデザインは芦田豊雄さん、吉松孝博さん
(サムシング吉松さんですね。)、上杉恵美子さん、メカニカルデザインが大河原邦男さん、
音楽が田中公平さん、総監督は井内秀治さんと、今考えると凄く豪華な(?)
メンバーがそろってるんですよね。この番組。(^^;
今年(2002年)6月から、一年間の限定生産、ということでDVDが発売されました。

あらすじ
地球に住む主人公、大地は町内の商店街の福引で当たった(笑)月旅行の
旅に出発します。・・・この世界での月は、数年前に何故か地表に重力と空気ができて、
移住可能な土地になりました。そこへ夢だった月旅行に来る途中のTVで、
月には『うさぎ人間』という、耳の長い人がいるらしい、というニュースを見ていた大地。
月に着くと大地は自分で作った『ジェットボード』(スケボーに小型エンジンがついているもの)を
持ち、月の上を走り回ります。・・・そんな時、ふと周りを見たとき、大地は見つけます。
『うさぎ人間』を・・・。

とりあえず、観た所までで自分の好きな話をセレクトしていきます。
お暇でしたら、読んでみてくださいね。

第1話『魔法の月から顔がでた!』
第3話『ガスくん風にのる!』
第6話『一発勝負!水上コマ回し』
・・・とりあえず、この3話ですべての魔道王がよみがえります。第1話は大地がまず、
グランゾートを、次にガスがウインザートを、そして、最後にラビがアクアビートを
よみがえらせます。・・・この3体は、それぞれ『魔道機』(だったかな?)でそれぞれの
魔法陣を描かなくてはいけないんですが、この魔法陣の描かれるシーンが凄く
かっこよくて好きです。・・・ただ、グランゾートは大地を司っているので、広い場所が
あれば魔法陣を描くことができるんですが、他の2体は、ガスの場合、風を司って
いるので、風が吹いていないとだめ、ラビは水を司る魔道王なので、大きな池みたいな
ものがないと、魔法陣が描けないんですよね〜。(苦笑)やはり、これは主人公の
特権か。(笑)数年ぶりに見たグランゾートは最初鳥肌立ちました。(笑)今見ても
すごく面白いですよ。これ。グリグリという子は、ワタルで言う『ヒミコ』的存在ですが、
ヒミコよりこのグリの方が上を行くと思います。(笑)グリも魔法が使えるんですが、
そのほとんどは大好きなにんじんを出すため。(爆笑)そして、そのにんじんが大の
苦手な大地は、にんじんをみるたび、大声張り上げてます。(笑)そんな、なにげない
やり取りも、このグランゾートは面白いと思ってます。
第23話『お日さまが消えてゆく』
第24話『ふりだしにもどる!?』
第25話『かぐや姫をさがせ!』
第26話『スーパーはつよい!』
第27話『ただいま!ラビルーナ』
この5話でグランゾートは新たな局面をむかえます。敵である『邪道族』の『邪道王』に
乗るシャマン、エヌマ、ナブーによって大地たちは日食を利用されて、闇の空間へと
飲み込まれてしまいます。その中でグランゾートは最後の力を振り絞り、大地達を
『太陽王』の元へと送ります。そこで太陽王はグランゾートが大地達を助けるために
力を使い果たし、太陽王の元へと運んできたと言うこと、その為にグランゾートは
力を使い果たした為に眠りについたこと、そして、その眠りを覚ますためには、
『ゾーラクラウン』というものが必要な事を大地達に伝え、大地達は月の表面、
月の内側の世界であるラビルーナから出されてしまいました。『ゾーラクラウン』の
事が何の事だかさっぱり見当もつかない大地たちの前に、またしても邪道族が
現れます。グランゾートを呼べない大地にかわり、ガス、ラビが力を合わせ、
邪道族を倒すと、そこに一人の老人がいました。名前はニジンスキー博士。月の
裏側にあるという世界を信じ、研究しているという考古学の博士でした。
その博士の協力を得、大地達はゾーラクラウンを見つけ、ラビルーナに帰っていき
ます。
とまぁ、こんな感じで進んでいくんですが、ここで、登場したのが新しいグランゾート、
スーパーグランゾートです。普通の時は赤が基調になってデザインされていたのが、
これは白がベースで、ふち等には赤が使われていて、かっこいいんですよ〜。(^^)
月の表面に出てしまった3人ですが、もともと乗り気ではなかったラビが、ここにきて
もう、ラビルーナには行かない。と言い出します。いつもなんだかんだ言ったって、
ここまでやって来れたじゃないか!という大地たちの声も届かず、ここに残ると言う
ラビに大地はパンチをお見舞いします。(苦笑)そして、もうこんな奴ほっておけ!
という大地と一緒に行くガスは、『私はラビくんを信じています。』と。大地も『最初は
やな奴って思ってたけど、一緒に旅をするうちに案外いい奴なんだってわかった、
おまえとなら仲間になれるって思ったんだ・・・』という大地。3人が分裂してしまいそう
な時、邪道族が現れ、ガスは苦戦をしいられます。それをテレビで見ていたラビは
見ていられなくなり、ガスを助けに来ます。そして、倒したあと、どうすればまた一緒に
来てくれるかと言う言葉にラビは『借りはかえす』と言って、大地を見ます。
大地は自分が殴られればそれでラビの気がすむのならと、素直に殴られます。(^^;
・・・でも、殴られた大地にすっと手を貸したラビ。そして、また3人で仲間として
やっていくという新たな出発点なんだ、と思わせられるシーンで好きです。
しかし、ラビルーナを出されてしまい、どうしたらいいのかと考えているのに、
暗くならないで、いつもの明るさを持ちつづける3人は、本当に強いなぁと思います。
ニジンスキー博士の事を、『にんじんすき博士!?』と聞き間違え、そのまま博士が
登場している間中、結局直される事はなかったですね〜。(^^;