×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネオロマンス・フェスタ
〜遙か祭 2006〜


2006年8月12日、13日(昼夜2回公演・昼は劇場版遙かのプレミアム試写会あり)/パシフィコ横浜にて

参加キャスト
三木眞一郎/関智一/高橋直純/宮田幸季/中原茂/井上和彦/保志総一郎/石田彰(13日のみ)
川上とも子/櫻井孝広(12日昼、13日のみ)


何とかチケットが取れた遙か祭でした(^^;
まず、コーエーの方での抽選で、12日の夜のチケットが取れたんですが、石田さんが12日は参加が
ないのと、映画をちょっと見たい気もあって(笑)今度はぴあのプレリザーブに申し込み、
なんとか、13日の昼が取れわ〜いって喜んで行きました。
しかし、この日程はなんとかならんかったか・・・夏コミとぶつけないで欲しかったよ・・・(−−;

当日は前日の夏コミの疲れもものとせず(笑)朝から横浜目指して行きました。
・・・なぜ公演は夜なのに、朝からっていうと、物販です(笑)
夜の部のチケットでも、10時のホールの開場(公演の席ははいれない)で入れて、物販には
行けるとの事だったので、早めに行きました。
・・・次の日、朝はゆっくりしたいよね・・・というもくろみで、行ったんですが・・・
9時30分過ぎ頃には会場に着いたんですが、もうすごい人!!・・・まぁ、前日、コミケで
いやと言うほどの列は見ていたので、なんとも思わなかったですが・・・(苦笑)
11時過ぎかねぇ・・・入れるのは・・・とのんびり構えていたら、以外に早く入れて、10時30分頃には
入れました。・・・暑かったから助かった・・・(^^;

で、まずコーエーの物販に並ぶ。アニメイトも来ていたんですが、最悪、アニメイトは地元の店で買える!!
ということで、ここでの限定になるコーエー物販に。
とにかく、買いたかったのが『ボイスカード』なるもの。キャラクターごとあって、
ボタンを押すとメッセージが流れると言うものなんですが、これは絶対おみやげに!!(笑)
と思っていたので、それを買ったのと、あとうちわを買いました。
ボイスカードは八葉抄のだったので、1のキャラクターだったんですが、
うちわはなんと3!!待ってました〜〜〜〜〜!!!(爆)
・・・すでに行った時には九郎は売り切れていて買えなかったんですが、でも、一番好きな
譲、リズヴァーンは買えてもうにまにま(笑)
・・・で、とりあえず、おみやげも買い、物販はそれで終了。
しかし、夜までには時間が・・・そのまま会場にいました(苦笑)出ても暑いし、
それに、昼の公演に入った人たちがいたので、その時の物販はがらすき(笑)で、結局アニメイトも
余裕で見れて、買物しました。あ、お昼食べに一度出ましたが。


で、ようやく昼が終わったのが5時過ぎ。夜の部の開場は6時だったんですが、大丈夫なのか・・・?
という皆の予想通り、開演時間が30分延びて7時からになりました(^^;

夜の部開始

夜の部は1階席の真ん中よりちょっと右側の端っこでした。23列目だったかな?
SS席のはずれの方だね〜と、会ったまっしーくんの知り合いの方に言われましたが(苦笑)
でも、とにかくすごい。なにがって、
『きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!』
ひめいが(笑)
なかなかこれだけそろいませんからねぇ・・・メンバー的に。
で、内容は、

オープニング
ライブドラマ
・プロローグ
・遙かなる時間の中で
「やむごとなき文の失せたる事」
・遙かなる時間の中で2
「文をしたためて捕らわるるの事」
・遙かなる時間の中で3
「勝浦にあやかしの騒ぎたつ事」
舞一夜コーナー
トークコーナー
ライヴコーナー
エンディング


こんな感じでした。
ライヴドラマは、まずプロローグで3の望美が白龍にみんなにお礼がしたいけど何がいいか?
とたずねる所から始まります。で、文がいいんじゃないかという事で、文に関する前の神子の時代に
あったことをドラマとして演じて・・・という感じでした。
ギャグも満載(?)、アドリブも満載(笑)腹抱えて笑いました。ほんとに。
和彦さん、うまいわ〜〜という感想でしたね、この回は(爆笑)

舞一夜コーナーは映画の宣伝をキャストの方がしていました。
トークコーナーは、お題が出され、それに関してディベートして、人数が多い方が勝ち。
というもの。
この回のお題は、
神子を護る力をもらえるなら、
A・剣の力で神子の身体を護る  B・トークで神子の心を助ける
と言うものでしたが、これは圧倒的に剣の力が圧勝。これには和彦さんの力関係が・・・(笑)
ちなみに、中原さんと保志さんはトークの力を欲しがってました。
保志さんは・・・なんとなくわかるような(ファンの方、すみません(−−; 私も好きですよ、保志さん(汗)

ライヴはこの回は
和彦さん、中原さん、保志さん、直純さん&宮田さんが歌いました。
バックの照明とかもなかなか凝っていて、よかったですよ〜(^^)

で、終了したのが、9時30分ちょっと前。
・・・泊まりでよかった・・・(−−;


13日昼の部

この日は映画の試写会込みだったので、結構映画に時間がかかったですね〜。
でも、映画、なかなかよかったですよ。思ってより(苦笑)
新キャラもかっこよくてよかった。・・・また、ゲーム出るらしくて・・・買ってるんだろうなぁ・・・(−−;
この映画はなかなか泣けます。泣いたもん、実際。
観てみて損はないと・・・思いますよ〜。遙かファンなら(爆)

で、遙か祭へ。
特にプログラム自体に変更はなかったですが、石田さんが加わったのと、櫻井さんが入ることで、
若干、ドラマに変更がありました。石田さん、やっぱりうまいなぁ・・・役者だなぁ・・・(*´Д`*)
この会のアドリブは、中原さんがなかなか炸裂してましたね〜(笑)
いえ、それを楽しみにしていたんですが(違う)
ライヴは、中原さん、宮田さん、直純さんだったかな?
その前に、舞一夜のコーナーの時、和彦さんと保志さんが映画のイメージソング(?)を
ディュエットで歌ってくださったです。語りがはいって櫻井さんで。
宮田さんの生ミルフィーユ・ドリームを聴いちゃいましたよ〜〜〜〜〜(^^;
いえ、好きですけど(笑)


初めて参加したネオロマンス・フェスタでしたが、なかなか楽しかったです。
中原さんが、
『ぜひ、遙か祭を毎年夏の風物詩に!!』
と言っていましたが、ほんとにそうなったらいいですね〜。
・・・しかし、この日程はかんべん(−−;



ブラウザのボタンでもどってね