×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

天空の城ラピュタ
1986年劇場公開
キャスト
パズー/田中真弓・シータ/横沢啓子

ラピュタです。・・・私は宮崎駿さんの作品の中では一番ラピュタが好きです。
DVDが発売したのをきっかけに書こうと思ってたのが、ようやく・・・。〈汗)
ローソンで買いました。トランプほしさに。〈笑)
限定版も欲しかったんですが、さすがに置き場所に困りそうなのでやめたんですが・・・
やっぱり欲しかったかも。〈苦笑)
この発売と同じ時期に石井竜也さんのイメージソング(?)「君をつれて」という、
マキシシングルと、あとUSA版サントラと言うものが発売になってたんですが、
限定版にはこのサントラが入ってたんですよね〜。
探しても見つからなくて、結局注文して取り寄せてもらいました。(−−;
前のサントラ「飛行石の謎」には収録されていない曲も入っていたので、すごく
私的にはうれしかったですね。これ。(^^)
「君をつれて」はメロディーは主題歌の「君をのせて」なんですが、歌詞が10年後を
イメージして作られたそうで、大人になったパズーとシータが浮かんでくるようでしたね。

作品は「冒険活劇」とうたわれているように、ほんとにそのまま。
機械師見習のパズーはある日空から降ってきた女の子を助けて、その女の子が
持っていた謎の石、「飛行石」をめぐる冒険に巻き込まれていきます。
飛行石は天空にあるという「ラピュタ」への道しるべとして残されていたからです。
飛行石を狙う海賊(空賊かな?)ドーラや、謎の多い人物ムスカなど、
パズーとシータはその争いに巻き込まれていきます。
そして、飛行石が導いた、その先には・・・。

このラピュタははじめて見たのが日本テレビの開局40周年だったかで、
初めてテレビでノーカット放送をしたときが初めてでした。
これをビデオに録画して、もう何回も何回も観てました。
もう、セリフを覚えちゃうくらい。〈笑)いまでもセリフは覚えてますね〜。
ビデオで何度も観て、さらにフイルムコミックも、もう毎日のように読んでましたから。〈苦笑)
この作品を観て「アニメーション」というものを学んだ・・・というか、
アニメーターという職業や、声優という職業をしって、憧れてましたね。(今もですが。)

空をぼーっと眺めてみたりと言う事もこの頃から多くなりましたね〜。
・・・あったらすごいな。
って密かに思ってました。〈笑)
大きな雲を見たりすると、『あ!あのへんに・・・!!』とか思ったり。〈笑)

私が好きなシーンは全部ですが、その中でもポムじいさんとのところが好きです。
鉱山の中に迷い込んだパズーとシータを案内してくれるところ。
その中で灯りを消して、「石」達のざわめきを見せてくれるところが好きです。
飛行石を少し含んでいると言うその鉱山の岩たちは、暗闇の中でとても綺麗に光りだします。
そして、石たちがざわめくのは山の真上にラピュタが来ているからだと
パズー達に話してくれるところなんですが、ここでかかっていた音楽が
凄く好きだったんですが、サントラには入ってなかったんですよね〜。(−−;
それが、あたらしいUSA版という方には入っていて、すごく嬉しかったです。(^^)
音楽と、映像が凄くピッタリでもう何回見ても好きなシーンです。

あとは、パズーがシータを助けに要塞にドーラ達とフラップターで乗り込むところ。
もうかっこいいです、パズーvv

ジブリ美術館に行ったとき、飛行石のペンダントがあったんです。
ガラスでできた。なんか海外の有名なガラスらしくてとっても高かったんですが・・・
買ってしまった・・・。〈苦笑)もう眺めてるだけで満足って感じです。ほんと。
今、美術館でラピュタの飛行技術かなんかの展示をしているんですよね。
行きたいです〜〜!!観に行けるといいなぁ〜。(^^)