×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆめに雪そらに花
*鬼外カルテ・其ノ拾*
碧也ぴんく著/ウイングスコミック

犬の少女は夢を見る。大好きな人のゆめを。
見えない人にはただの犬に見えるが、自分の運命の人にだけ、
人間の姿に見える少女、ビィ。
彼女の運命の人は、300年も前この世を去った赤穂浪士の一人、ジューローザ。
300年前のかこの話も漫画になっていて(花も雪もきっと・・・)、それの続編なんですが、
前のお話も泣けたんですが、今回も泣いてしまいました。(;;)

ジューローザが迎えにきてくれることを信じて待っていたビィ。
ジューローザは彼女に『菊』という名前をつけていました。
そして二人は幸せになると思っていた300年前。でも、ジューローザは逝ってしまった。
菊を残して。
300年もの間、彼女は待っていたんです。ジューローザを。
そして、白澤(はくたく)との出会いでまた動き出すビィの想い・・・。

ぜひぜひ、花も雪もきっと・・・から読むとホントにいいです。(^^)
これ、CDドラマにもなっていて、ジューローザが中原茂さんで、も〜すごい
はまり役!!でした。(私的に)
機会があったら見てみてくださいね。
感想、上手く書けてないのでなんだか訳分からんかもしれないですが。(汗)