×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もどる/次へ

第6楽章
『消滅都市』
突然、都市が陥没して消え去る、という事件が発生。そんな中、綾人は協力はするが、
闘いはごめんだ、と言う。それを許せないキム。・・・キムの両親は昔あった同じような
陥没事件によって、両親を失っていた。そんなキムはあることをきっかけに、ドーレムの
歌の波長が、次の出現ポイントを予測していることに気がつく。そして、また闘いに
巻き込まれようとしている綾人に問う。『何故、乗る気になったのか』と。
・・・話が進むにつれ、個々のキャラクターの過去など、明らかになっていってますね。
でも、やっぱりつかめないのが如月博士ですねぇ・・・。(笑)
今回は、綾人が何故、ラーゼフォンに乗るのか?とキムが訊くシーンが残ってます。
復讐でもない、キムに対する同情でもない、『自分にできることをしようと思ったんだ。』
・・・逃げていては何も解決しないんだ。立ち向かっていく綾人の『勇気』を見た
シーンでした。初めて、自分から向かっていった戦闘。がんばれ!って応援してました。
・・・しかし・・・八雲とキムって・・・やっぱりそうなんでしょうか?(苦笑)恵ちゃ〜ん。(涙)
第7楽章
『集まる日』
テラにこの人も謎の(?)記者、弐神の独占取材が入ることになる。エルフィたちもテラ
所属のパイロットとして着任、遥も部署を移動、作戦部に入ることになる。そして、
地球連合からは一色が監察と言う形で着任する。
そんな中、またしてもドーレムの侵攻が起きる。綾人はラーゼフォンに乗って対抗する
が、プラズマ発生雲に飲み込まれてしまう。窮地に陥った綾人が見た先には、
トウキョウ・ジュピターがあった・・・。
今回は記者、弐神と綾人のやり取りなど、少し落ち着いた場面もあり、ほっとしました。
弐神は綾人が『神名綾人』であることを知らずに出会い、そこでの何気ないやり取りが
良かったです。弐神は何を知っているんでしょうか?六道とのやり取りを聞いていても、
なんだか謎でしたね。『こちらの世界にも『神名綾人』がいて、生きていれば25歳に
なっているはず・・・。』この言葉の意味は・・・。
笑えたのは、ニライカナイに向かう途中の飛行機の中。一色のアイマスクが笑えた。
こういう、ちょっとした所での笑える所があるのも『ラーゼフォン』のいい所だと
思います。『間違ってるよ、オリン』の久遠の言葉も気になります。
第8楽章
『凍る聖夜』
休日を海辺で楽しむ綾人たち。そこへ如月博士がやってきて、あすの夜、クリスマス
パーティーを家で開くから、来て欲しいと言いに来る。遥は乗り気ではなかったが承諾、
他のメンバーも行くことになる。樹はドーレムの残骸から見つかった不思議な石を
ペンダントとして、小夜子に渡す。・・・しかし、その石の結晶にとりつかれた小夜子は、
ドーレムの中に閉じ込められてしまう。そんなドーレムを破壊することはできないと言う
綾人に、功刀は『テラは人命救助をする所ではない』という。助けたければ『奇跡』を
起こせと。そして、綾人は・・・?
・・・これ、クリスマスの時期だったんですね。(汗)ニライカナイは一年中夏日のような
ので、気がつかなかったんですが・・・。(^^; そんなニライカナイに雪が降り、冬着を
持っていなかった綾人は久遠にもらったガウンを着ましたね。(^^)あれって、樹と
おそろい・・・。(汗)クリスマスといえば(?)プレゼントですが、紫東姉妹のプレゼントを
渡す姿はかわいかった〜vv(^^) でも、恵ちゃん、八雲は・・・。(涙)八雲って意識
してないんだろうけど、ちょっと・・・ねぇ・・・。(苦笑)これからどうなっていくんでしょうね、
あの3人も。全然見えないのは上層部の方ですかね・・・。(^^;
第9楽章
『時の祠』
前回がクリスマスだったので(?)、今回はお正月でした。(笑)その正月休みを海で
過ごす綾人たち。その時、クルーザーに乗った綾人が見たのは・・・玲香の姿だった・・・。
久遠と共にその姿を追いかける綾人の前に出現した、古い祠。久遠に導かれるように
綾人もその祠の中へと入っていくが・・・?
今回はお正月でしたね〜。(^^)って、着物姿だったのは八雲だったですね。(笑)
一瞬、え?!まさか、着物姿はく、功刀さん?!・・・と妙な期待(?)したんですが、
違いましたね〜。(笑)
その代わり(?)、今回は女性陣は水着でしたね。(笑)
今回は結構重要(って毎回か・・・)な話でしたかね〜。遥が聞かせた『歌』・・・これは、
きっと、昔、好きだった曲なんでしょうね。・・・綾人自身が。トーキョー・ジュピターに
連れ去られなければ、綾人は遥と同じ、29歳・・・。その前の記憶は作られたもので、
本当の記憶ではない・・・。その記憶を取り戻した時、綾人はどうするんでしょうね。
久遠と綾人がいなくなった時の遥と樹の心配ようは・・・すごかったですね。
特に、久遠を心配する樹は・・・。普段はおだやかな樹が七森に対して怒鳴ったり・・・。
でも、その心配は『家族』としての心配なのか、それとも、違う意味があるのか・・・。
遥の唄によって戻って来た綾人。トーキョー・ジュピターが見えたとき、帰りたかったか、
との遥の問いに綾人は『いや、僕の帰るところはここだから・・・』という言葉が、
とてもわたしも嬉しかったです。(^^)
特別編集版
『翼の記憶』
特別編集版、ということで総集編ですね。今までの。この回は初めての深夜放送で、
45分という普通よりちょっと長めの放送でした。
第1楽章から、ダイジェストでしたがもう一度見直してみると、考えてしまうところが
あったりして、楽しかったです。・・・一度見ただけではだめだということでしょうかね?
やっぱり。(苦笑)
ラーゼフォンの卵があった『世音神殿』世の音と書く神殿にいたラーゼフォン。
『世の音を統べる』・・・世を調律していく者・・・、そんな意味もあるんでしょうか?
あと、思ったのが今まで出てきたドーレムはすべて『女性的』なイメージがありますね。
それに対して、ラーゼフォンは『男性的』なイメージですね。・・・乗っている綾人が
男の子ですから、そう感じるんでしょうけど、見た目とか・・・そういったものもそう感じ
るんですよね。ドーレムを操っているのは1話とか見るかぎりでは女の人だった
みたいだし、そういうところにもなにかきっと意味があるのかなぁ、と思いました。
なんにしても、もう一度全部見直したくなりました。これを見て。(笑)
第10楽章
『追憶のソナタ』
深夜枠になっての最初の放送でした。(総集編も深夜でしたけど)
功刀さんの過去が垣間見えた話でした。功刀さんの過去・・・。悲しいものでした。
上司の命令で放った攻撃で、自分の娘を失う事になってしまった功刀さん・・・。
娘が作ったヴァイオリンの曲。久遠が弾き、それを綾人が聴くが二人とも違和感を覚え、
何かが足りない・・・と言う。・・・その足りないものは功刀さんの奥さんが譜面を持って
いて、この日、娘の誕生日にようやく渡す決心がついた、と言い功刀さんに最後の
一枚の譜面を渡す。・・・娘が父を想って作った曲を・・・。その曲を久遠が弾く・・・。
久遠の調べは花を変化させたりした。それは、娘さんの想いなのか・・・。
悲しいですよね。自分の娘の命を父が奪ってしまった・・・。でも、功刀さんは進まなく
てはいけないんですよね。娘さんのためにも。自分のためにも。
この話、とても重かったんですが、始めのほうのテラのメンバーの久遠を巡る話、
(『ジン』とは誰だ?)の時のメンバーがすごくおかしくって笑えました。
一つの話の中に、笑える所も必ずあるというところがとても好きです。
あと、エルフィの綾人に向けた言葉・・・。『いつまで乗りつづけるつもりなの?』
・・・綾人自身が常に問い掛けていることですよね。きっと。なんだか、重たいものを
感じました。そういえば、久遠や玲香のいう『オリン』って、まさか、『ヴァイオリン』の
『オリン』から取ったわけではないですよね・・・?いえ、何となく。(^^;