×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜イベント〜「恵津子の部屋」スペシャル・ヴァージョン〜
『「歌暦 VOL4 卯月」〜谷山浩子と「みんなのうた」〜』


2003年4月26日in東京・渋谷 7th Floor

曲目/恋するニワトリ・トムピリビ(?)・ひげのお医者さん・川でうたおう・はなまつり
まっくら森の歌・月の砂漠・花・ドロップスのうた・クラリネットこわしちゃった
そっくりハウス・おはようクレヨン・雨のゆうえんち・小さい秋見つけた
ピエロのトランペット・大きな古時計・だれもしらない
フニクリフニクラ・おもちゃのチャチャチャ(アンコール・おおブレネリ)

谷山さんのコンサート(ライブイベントか?)があると聞いて、申し込んだものです。
しかも、お題は「みんなのうた」だというでないですか。(^^;
しかし、会場までたどり着くのが結構大変で、迷ってましたね〜。〈苦笑)
しかも、もしかしてライブハウス・・・ということはオールスタンディング?!という
不安が。(笑)いえ、ちゃんといすが用意されてましたが。(^^;
行ってみるとなんだか小さい入り口なのに人がぞろぞろ。うきゃ。
この人たちって・・・そうだよねぇ・・・。と言いながら話していると、整理番号順に
並んでほしいとの事で、近くにいた方に聞いてみると、なんか100番からが
郵便振替での人らしいと言うことを聞いて、しかも、そのわくが20人くらいしか
なかったらしい、と聞き、びっくり。・・・よく取れたわな。高遠さん、ありがとう。(^^;

イベントはトークと谷山さんのうたで構成されていまして、すべてが「みんなのうた」に
まつわるお話で、なかなか楽しかったんですが、みんなのうた、谷山さんの歌った
曲と、私たちの年代の曲がすこ〜しずれている事に気がつき、半分は知らない
曲だったですなぁ・・・。(苦笑)いえ、楽しかったですが。(^^;

うたで印象に残ったのが『ピエロのトランペット』
・・・ミスティックだ〜〜〜〜〜〜〜!!と自分で楽しんでました。
聞いたら高遠さんもそうだったらしいんですが。(苦笑)
歌詞・・・もう一度聴きたいなぁ・・・。楽譜ないかなぁ〜。なかなかブラックで
いい曲でした。(?)
あと、保育園で楽譜をもらった『ドロップスのうた』これもみんなのうただったんだ〜と
納得。保育園、結構使ってるよな〜きっと。

お話の中で、歌は残っているだけでは生きている事にはならない。
歌うことではじめて生きるんだ、というお話に、私はピアノの事を考えてました。
・・・この日も行く前にピアノに行って、全然だめで(;;)泣き泣き帰って来たあとで、
この話を聞いて、そうか、そうなんだ。と思いました。
何百年も前に作られた曲。弾かれなくては曲は生きていないんだ。
私は、自分の手でそれを蘇らせることができるんだ。
・・・それだけの技術があるかどうかはまた違う問題だけれど、自分にはその機会が
あるんだ・・・。って考えたら、ちょっと楽しくなるかも。っておもいました。
・・・単純なんですよ。私。(苦笑)
でも、行ってよかったです。はい。楽しかったです。
今度は、また・・・もう少し大きなところでやってくれるといいなぁ・・・。(^^;

最後のアンコールでは強制で(笑)合唱しました。
・・・まるで歌声喫茶だ〜!!ということで終わりました。(^^;