×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夕凪の街 桜の国
こうの史代/双葉社

友人に借りた本なんですが、まず、借りる時にこう言われました。
『精神的に良い時に読んだ方がいいよ』と。
・・・戦争の、広島の原爆に関わるお話だから。でも、今までにない、今までなかったもので、
すごい自分はショックを受けたから。でも、どうしても読んでほしかった。
とも言われ借りました。
今までも原爆のお話のものは、絵本、マンガ、映像など様々見たことはあります。
でも、これは・・・友人の言うように今までのとはまったく違う印象を受けました。

昭和30年。原爆投下から10年が過ぎた広島を舞台に、このマンガは語られます。
主人公は皆実(みなみ)という一人の女性。
会社に勤め、普通に生活している人。しかし、この人は10年前、被爆しました。
でも、今は元気に母と二人で暮らしていました。

同じ会社に勤める男性と想いを通わす皆実。
しかし、その幸せの中で、あの日の事がよみがえります。
・・・自分は生きていていいんだろうか?
自分だけ幸せになんてなっていいのだろうか?
あの日、すべてが失われたあの日。
あの日失われたすべてのものたちに、おまえのいる世界はそこではない、と
言われているようで・・・。
皆実は、あの日失った人々に申し訳なかったんでしょうね・・・
自分が生き残っているいることに。

でも、想いが通い合ったとき、皆実は自分は生きていていいんだ、と
生き残った意味があったのだと、知ったとき、少し救われたのだと思います。
やっと、この人はその重い想いから解き放たれたんだ・・・と思った時、
皆実の身体は急激に放射能によるものにより蝕まれていきます。

嬉しい?
十年経ったけど 原爆を落とした人はわたしを見て
「やった!またひとり殺せた」
とちゃんと思うてくれとる?

涙がでました。
今まで読んだおはなしなどは、原爆が落とされた直後などのお話が多かったのに
気がつきました。
・・・何年経っても、こうやって死んでいった人がたくさんいたんだ・・・。
今だって、苦しんでいる人だっているだろう。
どうして・・・どうして・・・こんなものを人は作り出すんだろう。
悲しみしか生み出さないのに。

夕凪の風と一緒に、皆実は去っていきます。
しかし、まだ、終わってません。このお話は。
皆実の想いは・・・。

この本は3部構成になっていて、最初の皆実のお話が「夕凪の街」
そして、それから50年後のお話として語られるのが「桜の国」(2部)になっています。

忘れてはいけない・・・絶対に忘れてはいけない想いが描かれています。
ぜひ、読んで欲しい本です。
私の感想文では、想いが伝わりきらないですが・・・(−−;