×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もどる/進む

第16楽章
『他人の島』
真達は言います。
『つがいとして育てられないのなら、閉じ込めていまえばいい』
・・・綾人はまがい物と呼ばれ、オリジナルが『久遠』であるという、彼らの意図は・・・。
綾人は他の誰もが信じられなかった。自分はMUフェイス・・・『ムーリアン』だと言う事を、
皆は知っていて黙っていたのだということを知ってから。綾人は悩んでいた。どこに帰れば
いいのかを。そして、彼はすべての事を見極めるために母の下へ、東京ジュピターへ
久遠と共に行く。自分の中にあった『絶対障壁』を越えて・・・。
これ、綾人を見ていて、すごく辛かったです。彼は皆が嫌いなんじゃない。好きだから、
ここにいたいからこそ、悩んでいるんだと思いました。でも、ムーリアンと人間の違いなんて
たいしたものじゃないと思うんです。それに綾人が気づいてくれれば・・・と思います。
最後の遥とのやりとり。あれで、なんだか救われたようね気がします。
『いってきます』 『いってらっしゃい』
・・・あなたはここに帰ってきていいんだから。帰っておいで。必ず。
あとは、恵ちゃんにとうとうキムと八雲の関係がばれましたね〜。(−−;
めぐちゃん、がんばれ!!(笑)
亘理と綾人は、つながりがあるんでしょうか?亘理さんの息子さんも絵が好きだった・・・。
え?って感じでしたけど。(苦笑)
六道さんは知っているんですね。すべてを。いつか、それを綾人も知る時が来るんでしょう。
その時どうなってしまうのか・・・。
第17楽章
『迷宮への帰還』
綾人はゼフォンと久遠と共にTOKYO JUPTERへ。それを反逆行為だと言うことで真は
迎撃命令をだす。真実を知るために。その時、遥は・・・。
目がさめるとそこは東京。母に会いたいという綾人にそっけなく答える看護婦。
・・・恐かったですね〜。無表情で、なんの感情もなく答えてるんですよ。まるで、ロボット
のように・・・。ムーリアンは『人間』であるという久遠。ただ血の色が蒼いというだけなんだと
久遠は言う。家に帰った綾人は母に問う。母は麻耶は何者なのか。自分は何なのか。
綾人の血は赤かったが母の血はやはり蒼かった・・・。
『自分は何なのか』・・・考えるときりがないですよね。実際に考えても。私もあります。
それで怖くなった事も。誰かに肯定して欲しかったんですよね。綾人も。でも、その肯定を
求めた麻耶は・・・。このあたりでだいぶ人間関係が見えてきましたね。久遠と麻耶。
・・・だんだん訳わかんなくなっていくところでもあるんですが・・・。〈苦笑)
第18楽章
『蒼き血の絆』
自分の記憶がおかしい事に気づき始めた浩子は、脅え、綾人の元に。その綾人は母との
やりとりで混乱する。東京は綾人の為にあった。綾人を奏者とするためだけに。
そして、遥もまた東京に綾人を追ってきていた。麻耶は綾人に告げる。ムーリアンの
真実を。そして綾人は家を出る。その時、浩子に出会い・・・。
ムーリアンの真実。ムーリアンは人間と変わらない。何も変わらないんだということ。
では、何故戦うのか。・・・ムーリアンも自分たちの居場所を探していたんですよね。
綾人が麻耶は自分の母なのか。と聞くと、『できるなら、私が生んであげたかった』と言う。
・・・やっぱり母は綾人の母ではなかったのか・・・。結構ショックでしたね。この言葉。
でも、麻耶は・・・麻耶がかわいそうな場面でしたね。綾人の事を一番に考えてるのに
伝わらない・・・。綾人は世界を見てしまったから。もう、籠には閉じ込めておけないんだ。
麻耶は一生懸命だったんでだろうなぁ・・・。あと、浩子ちゃんが怪我をして、血を流していて、
綾人に『私の血、赤いよね?』と聞く浩子に・・・実際はすでに青い血になっていたのを、
綾人は、『うん、赤いよ』と言うシーンも重かったですね・・・。
第19楽章
『ブルーフレンド』
綾人と共に東京から出た浩子はますます不安になる。自分がだれなのか、すでに親の顔も
思い出せなくなっていた。どんどん変わっていく自分に恐怖を感じる。だからこそ綾人を
頼るしかなかった浩子。でも、綾人もまた『自分は何故生まれてきたのか』ということから
離れられないでいた。しかし、つかの間の時間も過ぎ、ドーレムの出現。
綾人は気がつく。僕には守るものがあるということに。今は浩子を守る事が自分がしなくては
いけない事なんだと言う。だからラーゼフォンで戦うと言う。そして戦闘へ。しかし、この
ドーレムは・・・。
・・・泣きました。あんまりで。ドーレムは浩子だったんです。それとも知らない綾人は
戦い、ドーレムを傷つけていく。それによって苦しむ浩子。浩子の気持ち、綾人に伝えた
かった気持ちが、街の灯りにともされていく。『サヨナラ』と。
第20楽章
『綾なす人の戦い』
綾人がテラに戻ると司令官は一色に変わっていた。そして、その横には遥ともう一人、
『ハルカ』と名乗る少女が。その少女は『美嶋玲香』そのものだった・・・。
家に戻った綾人は恵から、『気にしないから・・・』とムーリアンでもなんでも関係ないからと
綾人に告げる。めぐちゃん、やっぱりいい子だよ〜。(;;)
そこに東京にいたはずの守が。とりあえずかくまう事にした綾人だったが、守は・・・。
守には考えがあったんですよね。ここではまだわかりませんが、守は本当に浩子ちゃんが
好きだったんだなぁ・・・。悲しすぎますね。ここから先。