×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

もどる

第21楽章
『ゼフォンの刻印』
一色の作戦、『ダウンフォール作戦』が発令される。これは東京を覆っている絶対障壁を
消滅させるものだと言う。
樹の元へと呼ばれた綾人。綾人は樹に問う。遥との関係を。・・・遥は昔から一人の
人しか想っていない。でもその人は気がついていないという。それをひどい人、という
綾人。しかし、樹はそれは残酷な事だという。・・・それは、綾人自身のことだったから。
そして、『兄さん』と。
ここで、樹と綾人はつながりがあることがわかりましたね。樹と綾人は同じ・・・。
双子の奏者。おなじ刻印を持つもの。なのに、どうして何時だって何をするんだって
綾人なのか。自分も同じなのに。17歳という時間を過ぎてしまった樹にはどうする事も
できない・・・。
守は自分の本当の事、自分は綾人の監視人だったと言う。
・・・もう何がなんだか・・・〈汗)でも、今まで『友達』だと信じていたものが崩れ去って
しまった綾人・・・。浩子も失い、何を、自分のいる意味は何なのか。
難しいですよねぇ・・・。
第22楽章
『木星消滅作戦』
第23楽章
『ここより永遠に』
話が重たい中で遥が描いた一色(白へびと呼ばれていた〈笑)のいたずら書きは笑え
ましたね。それが原因で職務を解かれてしまった遥。結構笑えましたね。久しぶりに。
ずっと描いていた絵がもうすぐに完成する、そうしたら一番に遥に見て欲しいという綾人。
しかし、絵が出来上がるとイシュトリが現れる。イシュトリとはラーゼフォンの心。心臓
の部分のようなものだった。一緒に行こう、というイシュトリを綾人は拒む。
イシュトリの役割、それはラーゼフォンの心、だったんですね。そして、奏者を導く。
世界を調律するために。
しかし、イシュトリを否定した事でラーゼフォンは次元卵に回帰してしまう。
そしてすべてが動き出す。人も、ムーリアンも。
そんな中で綾人は気がつく。自分は何が、誰を守りたいと想っていたのか。
ようやく見えてきた光。綾人は掴む事ができるんでしょうか。
第24楽章
『調律への扉』
第25楽章
『神の不確かな音』
最終楽章
『遥久遠のかなた』
・・・3話分まとまっちゃってますが・・・いや、決してめんどくさい訳では・・・。〈苦笑)
説明が難しくて・・・このあたり。〈汗)
感想だけを述べると、まぁ、一応、いい終わり方なのかなぁと。(^^;
とりあえず、綾人と遥は幸せ・・・でしょうね。きっと。でも、最後に出てきた人は、
樹そのものだった・・・。これが樹と綾人が同じ血を持っているということでしょうね。
声も宮本さんだったし。遥は樹を通してずっとみていたんだな、綾人を。
でも、寂しいですよね。自分を見てくれてなく、その姿を通して違う誰かをずっと見て
いたなんて。樹もかわいそうです。(;;)
久遠は二人の子供として生まれていましたね。しかし・・・あかちゃんであの髪の毛の
多さはちょっとこわいものが・・・。(ちがうって)